投資信託は証券会社の比較が大切|情報収集を万全にしよう

豚の貯金箱

資産運用で判断に迷ったら

電卓

資産運用は将来の事を考えると、早いうちに行う事が必要です。しかし、忙しい方であれば投資信託も一つの方法です。その際には証券会社の比較が重要で、運用方法や利益の出し方も人や会社によって異なってきますので、自分あったプランを選ぶ必要があります。

More Detail

運用商品を考えてみる

男の人

どの運用商品を選択するか

近年は貯蓄から運用への流れが進み、運用商品は様々な商品が発売されています。その中でも特に人気になっており、身近な金融機関でも購入できる商品が、投資信託です。投資信託は数多くの商品が発売されており、投資対象も色々あり、証券会社や金融機関で購入できます。しっかり比較検討することが重要です。購入する際に気をつける事は、運用コストと投資対象です。投資信託には購入手数料、日々ひかれる信託報酬、そして信託財産留保額があります。同じ投資信託の場合は、購入する窓口、つまりどの証券会社で購入するかによって購入手数料は変わってきます。また同じ投資対象に投資する商品でも、信託報酬等は変わってきますので、十分比較しましょう。コストにより最終的に手元に残る金額は違います。

商品をどう選別するか

証券会社によっては、先ほど挙げたコスト、特に購入手数料が大きく違います。例えば新興国に投資する商品や、債券と比較して株はコストが高くなりがちです。しかし現在はネット証券会社などでノーロードファンドが発売されています。これは購入手数料がかからない商品です。同じような商品、投資対象であれば、購入手数料がかからないほうが効果的に増やせる可能性があります。また運用手法によってもコストは大きく違います。積極的な投資をする場合は成果も得やすいですが、コストも高くなりがちです。人気ランキングなどが金融機関や雑誌、ネット等で発表されていますが、その情報だけでなく、コストを踏まえた比較をする事が大事です。比較検討する手間、工夫をする事で、大きな投資成果を得られる可能性があります。

賢い買い方をしよう

貯金箱

投資信託を購入する際には、必ず証券会社を比較しなければなりません。証券会社によって投資信託の取扱数も販売手数料も異なります。自分に合った投資信託を選ぶために、より利回りを高めるために、証券会社を比較検討することが重要です。

More Detail

用途に合った会社選び

数字

投資信託を検討する場合、証券会社を比較検討しなければなりません。取り扱っている商品の数や、手数料の有無、そして検討している商品の販売状況などです。トータルリターンなど投資信託の資金状況を一目で把握できるサービスを行っているかも大事です。

More Detail